経営を変えるIT活用をご支援するアルティザンエッジ合同会社(東京・中野)

会社案内

  • HOME »
  • 会社案内

アルティザンエッジは、企業向け業務システムのITエンジニアとして10年以上のキャリアを持つ、井上 研一(プロフィール)が、2012年7月に個人事業として立ち上げ、2013年7月にアルティザンエッジ合同会社として法人化しました。
立ち上げ以来、個人事務所的な運営を維持しておりますが、パートナーの皆様との協力関係を築きつつ、お客様のご期待に応えた活動を行っています。

2015年には、ITCA認定ITコーディネータ(経済産業省推進資格)の認定を受け、「経営を変えるIT活用をご支援するITコーディネータ」としての歩みを始めました。

ミッション

「経営を変えるITを先端技術で創造する」

言うまでもなくITは様々な場所で活用されていますが、最もエキサイティングな活用法は、経営変革のためにITをツールとして使うことではないでしょうか。
企業は「自社の経営を変革しよう」と思ったときに、ITの活用を考えます。その際に、まず最初に呼ばれる存在になりたいと考えています。

ビジョン

すべての中小・スタートアップ企業でITが価値を生み出すエンジンとなる社会をつくる
ITエンジニアの新しい働き方、社会への貢献のしかたをつくる

行動指針

アルティザンエッジは、ITとビジネスの双方に妥協しません。
アルティザンエッジは、業界の古い慣習に囚われません。
アルティザンエッジは、新しい風を積極的に取り込み、さらに新しい風を吹かせる主役になります。
アルティザンエッジは、ITを真のビジネスの武器に進化させます。

ロゴ

logo_250x250

茶色とベージュの2つの色は、ITとビジネスの2つの領域の落ち着きのある調和を表しています。
茶色側の領域が大きいのは、2つの領域のうちITに軸足を置き、ITエンジニアであることの誇りを示します。

社名の由来

「アルティザン」は、職人あるいは職人気質の芸術家という意味のフランス語です。
私(代表・井上)は、個人事業として創業する際に、情報システムの職人として極み(エッジ)に立ちたい、考え抜いた情報デザインとユーザ体験によって情報システムを芸術と呼ばれるほどに進化させたいという想いを込め、アルティザンエッジという名前を考え出しました。
「エッジ」という言葉には、先に挙げた極みという意味と同時に、ITとビジネスの境界(エッジ)という、社会におけるアルティザンエッジの立ち位置も示しています。

3つのフィロソフィー

cutting edge

先端のITを真の価値に。

motivation engineering

楽しくエンジニアリング、楽しさをエンジニアリング。

move your heart

心を動かすモノ作りとコト作り。

PAGETOP
Copyright © Artisan Edge LLC All Rights Reserved.